東京都東大和市の酒屋「尾崎商店」ホームページ・ワイン売り場へようこそ。全国発送承ります。

ワイン店舗案内ご注文についてワインブログ尾崎商店本社


カルミネ... 2009 D.O.フミーリャ
ボデガス・ペドロ・ルイス・マルティネス
税込み価格  ¥1,944
スペイン・ムルシア州北部、D.O.フミーリャの
力強い果実味を楽しめる赤ワインです。

モナストレル100%。
フレンチオーク樽で12ヶ月の熟成(90%新樽)。

カシス、スミレ、プルーン、ビターチョコレート、
薬草っぽさなどを想わせる香りが豊かに。
口当たりから力強い果実味がたっぷり。
ダークチェリーのような甘みと酸味のメリハリ感。
たっぷりの旨みを締める爽やかな感触と渋味成分の
ギュッとなる心地よい引き締め。

旨みたっぷりの濃厚なワインではなくて、しっかり詰まった
密度の高いエキスとアルコールによって強さを感じられる、
そんなワインです。
【ヴィンテージ】 2009 【容量】 750ml
【原産国】 スペイン 【地方】 ムルシア
【地区】 フミーリャ 【村】
【品質分類・原産地呼称】 フミーリャ D.O.
【格付け】
【使用ブドウ品種】 モナストレル 100%
【醸造・熟成】 発酵:ステンレスタンク 熟成:12ヶ月(新樽90%)
【アルコール度数】 14%
【種類】 赤ワイン 【色】
【味わい】 フルボディ

ラベルに描かれているのはご存知「ト音記号」。
このうずまき記号が表すのは、高い音階。

高い音を五線譜で表現する時に、あまりに高い音だと
線のないずっと上の方に「おたまじゃくし」を
書かなくてはならなくなってしまうので、この記号が
最初にあったら高い音だって思ってね…的なもの。

これを無理やり転じて、
高音域=高品質なワインなのだっ!
という事を表現しているのかな、と。



                


D.O.Jumilla
このト音記号ワインが生み出されるのは、
スペイン南東部に位置するムルシア州北部のフミーリャ。

夏は40℃越えの日を記録するほどの酷暑、
激しい昼夜の寒暖の差、冬は0℃を下回る日を
迎えるほどに厳寒な、過酷ともいえる
気候条件の土地・フミーリャ。

年間日照3000時間とお日様には恵まれつつも、
年間降水量はたったの300mm。ですが、ブドウ栽培には
悪くない条件であったりもするんです。

暑く乾燥した天気は、病害に遭うことも少なく、
完熟→エキスたっぷりのブドウを収穫する事が
可能となるのです。


ブドウ品種『モナストレル』
フミーリャを語るときに欠かす事が出来ないのが
「モナストレル」というブドウ品種の存在です。

フランスでは「ムールヴェードル」、
ニューワールドでは「マタロ」と呼ばれる品種で、
濃い色の液体、鉄っぽさや、
蚊取り線香を想わせる薬草のような独特の風味のある、
アルコールをたっぷりと蓄えた、逞しいワインになるブドウ。

この「モナストレル」の栽培に最も適していると
評されているのが、D.O.フミーリャなのです。

その他に、テンプラニーリョ、カベルネ・ソーヴィニヨン、
メルローが認定された品種であるとの事。

しばしば目や耳にする『モナストレルを50%以上
使用しなければD.O.フミーリャを名乗ってはイカンッ!』
というのは、都市伝説的なもののようです。
ワイン名の「Carmine(カルミネ)...」は、
英語でカーマイン。日本語なら洋紅色。
紫色を含んだ強い赤の事で、このワインの色合いを
指しているのかしら…と。
さらに「…」で、「カルミネ色」から熟成によって
「レンガ色」などに色合いが変化していく…というのを
表現しているのではないか、と。


ご注文について


上に戻る